鳥取の軽自動車に関する情報、申請・手続きなら鳥取県軽自動車協会

  • TOP
  • モーターコラム一路一会
  • NEWS(協会からのお知らせ)
  • 鳥取県内事故多発MAP
  • 希望ナンバー申請のご案内
  • 磨こう!運転センス 運転者の心構えをご紹介
  • くるまの豆知識
  • 軽自動車協会のご案内
  • 販売店のご紹介
  • Q & A
  • 統計情報
  • アクセスマップ
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • リンク集

社団法人 全国軽自動車協会連合会

軽自動車検査協会

pdf

このマークのPDFファイルを御覧いただくには Adobe Reader が必要です。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

TOP > 磨こう!運転センス一覧 > 近場の運転の落とし穴

磨こう!運転センス

運転者の心構えをご紹介!
余裕ある運転をしましょう。


2016-11-9掲載

近場の運転の落とし穴

 地理や交通事情がよく分かっていない初めての場所に車で出掛けるとなれば,誰もが多少の不安感を覚え,いつもより慎重な目配りや控え目な運転を心掛けようとするのではないかと思います。
 ところが通り慣れた道を行く場合には,そうした緊張感が薄れがちで,気楽に車を進めてしまうことが多く,それが事故に繋がっていくことが少なくないのです。
 通勤や仕事,あるいは日常の買い物などでいつも利用している道路の場合は,事故の多い危険箇所や通りにくい場所がどこかは頭に入っています。ですから,そうした所では十分な注意を払うため,失敗は少ないのですが,逆に,普段,特に問題を感じていない場所に来ると,無意識のうちに気が緩んだりしてしまうことがあるから怖いのです。
 一瞬でも警戒心が薄れたり集中力が途切れたりすれば,危険予測が疎かになったり,反応が鈍ったりすることは避けられません。慎重に運転していれば見付けられる危険を見落とし,避けられた筈の事故にむざむざ引き込まれてしまうことにもなりかねないでしょう。
 「道路の様子が,よく分かっているから」「これまでも危険を感じたことのない場所だから」と,つい気を抜きがちになるのが,こうした通り慣れた道の怖さ。「なぜ,こんな所で?」と思えるような場所で起こる事故の背後には,こうした慣れからくる油断が関わっていることを忘れてはならないでしょう。
 近場の運転の際にも陥りやすい落とし穴があります。いわゆる「下駄履き感覚」の気軽さから,「よそ行き」の場合には慎むはずのルーズな運転行動に走りがちだからです。
 ほんの短距離だからというのでシートベルトの着用を怠ったり,不適切な履物のまま運転したり,無造作な荷物の積み方をしたり,面倒だからと反対向きに車を駐車したり…,こうした安易な振る舞いが招く事故も決して少なくありません。
 僅かな距離であろうと,運転が公共の場である道路を使って行なう行為であることに変わりはないのです。遠方に出掛ける時と同様の慎重さと真剣さを忘れたのでは思わぬ失敗を招きかねないということを肝に銘じておきたいものです。
交通評論家  矢橋 昇

←前の情報を表示

モーターコラムも随時更新しています。〔一路一会〕




↑ページのトップへ

会員専用ページ

鳥取県軽自動車協会/(一社)全国軽自動車協会連合会鳥取事務所

Copyright (c) Tottori Prefecture light car society All rights reserved.