鳥取の軽自動車に関する情報、申請・手続きなら鳥取県軽自動車協会

  • TOP
  • モーターコラム一路一会
  • NEWS(協会からのお知らせ)
  • 鳥取県内事故多発MAP
  • 希望ナンバー申請のご案内
  • 磨こう!運転センス 運転者の心構えをご紹介
  • くるまの豆知識
  • 軽自動車協会のご案内
  • 販売店のご紹介
  • Q & A
  • 統計情報
  • アクセスマップ
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • リンク集

社団法人 全国軽自動車協会連合会

軽自動車検査協会

pdf

このマークのPDFファイルを御覧いただくには Adobe Reader が必要です。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

TOP > 磨こう!運転センス一覧 > 窓は少しすかせて

磨こう!運転センス

運転者の心構えをご紹介!
余裕ある運転をしましょう。


2017-8-2掲載

窓は少しすかせて

 暑い夏場,車内の温度を適切に保つのは,安全運転上も大切なことです。
 しかし,だからと言って,エアコンの利きを良くするため,暑い外気が入らないよう窓を閉め切ったままで運転するのは望ましいことではありません。そうすることで,外気だけではなく,外からの音の情報も遮断されてしまうからです。
 交通事故の最大の原因が,運転の3要素といわれる『認知』『判断』『操作』のうちの『認知』部分のエラーによるものであることはご存知の筈です。つまり,周囲の様子が正しく把握出来ていなかったり,危険に気付くのが遅れたりしたせいで,事故を防げなくなってしまっていることが多いのです。
 その認知作業の中心となるのが,目による情報の収集であることは言うまでもありませんが,目,つまり『視覚』だけで,安全確保に必要な全ての情報を採ることは不可能です。それを補うために欠かせないもののひとつが,『聴覚』つまり,音による耳からの情報なのです。
 視覚による情報は,目を向けている方向からしか採れませんが,聴覚は全ての方向からの音を捉えられるので,耳を活用すれば,まだ目には見えていない様子もいち早く察知することが出来る筈です。例えば,後方から迫ってきている車や,側方をすり抜けていこうとしているバイクなどのエンジン音で,それらの車の存在に気付くことも容易になるのではないでしょうか。
 ところが,窓が密閉されていたのでは,そうした情報が得られなくなってしまいます。他の車の警報音なども聞き漏らしてしまう恐れもあるでしょう。
 そればかりではありません。緊急自動車のサイレンに気付くのが遅れれば,適切な避譲が出来なくなり,それらの車の進行を妨げてしまうことにもなりかねないでしょう。これは,他の人の命に関わる大問題です。
 エアコンを使っていても,運転席と助手席側の窓は必ず少しは空かせておくこと。外からの音を取り入れるのは,居眠り等の防止になるとも言われています。
 もちろん,間違っても大音量で音楽を掛けながら運転したりすべきでないことは言うまでもありません。
交通評論家  矢橋 昇

←前の情報を表示

モーターコラムも随時更新しています。〔一路一会〕




↑ページのトップへ

会員専用ページ

鳥取県軽自動車協会/(一社)全国軽自動車協会連合会鳥取事務所

Copyright (c) Tottori Prefecture light car society All rights reserved.